インフォメーション

「Suica付学生証(社員証)」と「PASMO付学生証(社員証)」の相互提供、2011年3月のサービス開始を決定  ~11法人の学生(社員)がSuica付かPASMO付の学生証(社員証)を自由に選べるようになります~

101116-ヘッダ.gif 101116タイトル.gif

 東日本旅客鉄道株式会社(以下「JR東日本」)と東京急行電鉄株式会社(以下「東急電鉄」)は、2011年3月より、「Suica付学生証(社員証)」と「PASMO付学生証(社員証)」の相互提供サービスをスタートさせます。
 この相互提供は、JR東日本と東急電鉄がカードの発行元となり、JR東日本・東急電鉄の提携システム会社であるサクサ株式会社(以下「サクサ」)と東急建設株式会社(以下「東急建設」)が学校(企業)にカードや学内(社内)ICカード認証システムの納入を行うもので、2011年春に導入するのは以下の学校、企業です。 

◆2011年春導入予定の学校、企業

 【学 生 証】 
   東京造形大学、和泉短期大学、イムス横浜国際看護専門学校、お茶の水メディカル、
   戸板中学校・女子高等学校、昌平中学校 

【社員証・教職員証】 
   株式会社神奈中情報システム、株式会社キューブテック、株式会社クリネット、
   フェニックス証券株式会社、東急建設株式会社(部員証)、
   学校法人桑沢学園(東京造形大学、桑沢デザイン研究所)、イムス横浜国際看護専門学校、
   お茶の水メディカル

 このカードは、東急電鉄が一括してカードの発行管理および在庫管理を行っているため、学校(企業)がカードの在庫を抱える必要がなくなり、発注ロットに依存しないリーズナブルな価格で、多品種少量提供が可能となっているのが特徴です。

 JR東日本と東急電鉄は、交通乗車券や電子マネーとしてご利用いただける「Suica付学生証(社員証)」と「PASMO付学生証(社員証)」をそれぞれ提供していましたが、2011年3月からは、ひとつの学校(企業)内で「Suica付学生証(社員証)」と「PASMO付学生証(社員証)」を学生(社員)が自由に選択できるようになります。さらに両社は、「Suica付学生証(社員証)」もしくは「PASMO付学生証(社員証)」を提示することで共通に受けられる各種特典など、利用者の利便性をさらに向上させるサービスを検討しています。

 JR東日本、東急電鉄、サクサ、東急建設は、今後も「Suica付学生証(社員証)」と「PASMO付学生証(社員証)」の導入拡大ならびに利便性向上に努めます。

101116脚注.gif

  • 小
  • 中
  • 大

インフォメーション ニュース・リリース情報他